こんな症状はありませんか?

  • 突然カーッとのぼせる
  • 顔や首がほてる
  • 気温と関係無く、どっと汗が出る
  • 突然赤面する
  • 顔は熱いのに手足や腰が冷ええいる

これは、いわゆる「ホットフラッシュ」の症状です。

これって、もしかして更年期?と思ったきっかけとして、突然の顔のほてり・のぼせである事が多くみられます。 仕事の大切な場面で急に顔がほてったり、冬なのに汗が止まらなかったり‥女性としては、ちょっと困りますよね。  

原因は女性ホルモンのバランスの崩れによる自律神経障害

このホットフラッシュは、エストロゲンなど女性ホルモンの分泌量の急激な減少によりバランスが崩れるのが原因で、自律神経の調節がうまくいかなくなり、血管の収縮と拡張のコントロールができなくなるため起こります。 ただ、のぼせ・ほてりには、人によっては別の病気が隠れている事もあります。 血圧や甲状腺に異常がある可能性もありますので、一度、病院で検査してもらうと安心かもしれませんね。 通常更年期のホットフラッシュは女性ホルモンのバランスが落ち着いてくると自然と収まってきますが、働く女性は早くなんとかしたいと思うはずです。  

ホットフラッシュの対処法

①有酸素運動 ②下腹部と下半身の冷え解消 ③日常生活の改善   ①有酸素運動 ホットフラッシュには、有酸素運動で血管運動神経系のバランスを整え、日頃溜まったストレスを解消することが効果的です。 軽く汗をかける程度の呼吸法、ウォーキング、水泳、ヨガなどがおすすめです。特にヨガの呼吸法は自律神経のバランスが整うのでオススメです。 ②下腹部と下半身の冷え解消 のぼせ、ほてりのある人は、上半身に熱がこもっていて、下腹部や下半身は滞り、冷えが進みやすいタイプが多いです。 東洋医学的に下半身の血流アップのために、足浴や半身浴はおすすめです。下腹部のマッサージやツボ押しもいいですね。 また、足首を温めると、末端血流を上げることができます。 ③日常生活の改善 この時期に大切なのは、日常生活の改善、つまり食事、運動、休息といった基本的なことがとても重要なのです。 お食事はきちんとお腹が空いてから、ゆっくり噛んで食べていますか? 甘い物やカフェインも控えた方がいいですね。 そして、最近しっかり休息は取れていますか? スマホを見ながらゴロゴロしても、身体は休めますが、交感神経は緊張しっぱなしで必要な休息は取れていません。 眼を使わずに、ゆったりした音楽を聞いたり、ポカーンとする時間を少しでも作ってみてください。 今までの生活を振りかえって、できる所からちょっとずつでも、生活習慣を改善できると良いですよね!   月華美人の施術では、その方が一番改善するのが苦手な所をサポートしていきます。 身体を動かすのが苦手なら、整体で固くなった筋肉を緩め、使えていない筋肉をちゃんと使えるようにする事で、日常生活の動きでも必要な運動量が補えるようにサポートします。 下半身の血流が上手く流れないようなら、すでに滞ってしまった下半身や下腹部をしっかりオイルで流していきます。 ポカーンとするのが苦手な方には、深い瞑想に誘導する事で、直接脳の過活動を鎮めていきます。 もしも、私はこれが苦手で、セルフケアが難しいなというものがありましたら、ぜひ月華美人でお手伝いさせてくださいね。  
東京 西荻窪 東洋整体 月華美人

院長 東坂亜美

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。